春彼岸

彼岸は、「迷いの世界」から「悟りの世界」へ到る教えで

語源はパラミターすなわち「理想の達成」ということです

彼岸会(ひがんえ)という行事がはじまったのは

なんと、平安朝のころ宮中で盛んになったもので

江戸時代になってから

一般の人々のあいだでもおこなわれるようになり

現在まで続いています


仏教にいう彼岸とは

幸福な生活が実現したところです

本当の幸福を得た人の心境でもあります

いわゆる成仏するということです

この理想の実現しているところを「西方浄土」ともいいいます

即ち「この世」に対する「あの世」です

春・秋二季の彼岸の中日(ちゅうにち)には

太陽が真西に沈みます

そこで この日は「西方浄土」がはっきり分かるので

日頃は 忙しくてご無沙汰をしているけど

せめてもこの日には

あの人に思いを馳せよう

という気持ちの表れでしょう・・・

お彼岸には、それぞれの想いを心に

たくさんの善男善女が

お墓参りをしたり

仏壇に手を合わせるんですね

にほんブログ村 哲学ブログへ
哲学ブログへランキング登録中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA