お盆の由来

 

お盆は正式には「孟蘭盆会」(うらぼんえ)と言います。これは、インドの言葉の一つ、サンスクリット語の「ウラバンナ」を漢字で音写したもので、略して「お盆」と呼んでいます。

このお盆の行事は、『孟蘭盆経』に説かれている目連尊者の話に由来します。目連はお釈迦さまの弟子の中でも神通力一番と言われていました。

ある時、目連はこの神通力を使って、母親の死後の世界を見たのです、すると、母親は餓鬼道に堕ちて飢えと渇きに苦しんでいるではないですか。そこで目連はお釈迦さまにどうしたら母を救えるのかたずねました。

お釈迦さまは「お前の母は生前、物惜しみをして他人に施しをしなかったのです。かわりにお前が布施行をしなさい」と言われました。目連はお釈迦さまの教えにしたがい、僧侶達の夏の修行期間のあける7月15日に多くの僧や貧困に苦しむ人達に飲食物などを施したのです。すると、その功徳によって母親は極楽往生がとげられました。

それ以来7月15日(旧暦)は、父母や先祖に報恩感謝をささげ、供養をつむ重要な日になったのです。現在、日本各地でおこなわれるお盆の行事は、各地の風習などが加わったり、宗派による違いなどによって様々ですが、一般的に先祖の霊が帰ってくる期間だとされています。

※浄土真宗では霊魂が帰ってくるとは考えません。

※日本では、新盆(7月)と旧盆(8月)があり、地域によって異なります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA