初盆飾り

      2018/04/22

初盆(旧盆)の供養は、本日8月7日から8月23日まで行います。

大切な方がお亡くなりになって、最初に迎える「お盆」を「初盆」「新盆」といいます。

亡き人を偲び、お魂を慰める初盆の供養は丁重に営まれます。

仏壇とは別に祭壇を設け、初物の農作物でつくったお供え物をし、供養膳に精進料理を盛り、白玉団子・果物・故人の好物なども供えます。

また、お盆の間は精霊に自分の家を覚えていただくために、仏壇のそばや軒先(地域によって場所は様々です)に岐阜提灯大内行灯を飾るものとされています。(三回忌の年のお盆まで飾ります)

なお、お盆の最後の日(7月15日、旧暦では8月15日)に送り火をたき、家族や親戚中でお導きをして、初盆の行事はお寺様に移ります(一般には8月23日まで)。

亡くなって四十九日(忌明日)を迎える前にお盆が来たときや四十九日(忌明日)から幾日もたたない場合は初盆は翌年になります。

Facebook

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

 お問い合わせはこちら

おすすめ記事

上置仏壇 1
小さなお仏壇の飾り方。基本パターンから略式の飾り方まで。

近年、住宅環境の変化に伴い、棚の上に安置するタイプの「小さなお仏壇」を選択される ...

位牌 2
おすすめ位牌22選。伝統型からモダンタイプまで人気の位牌特集。

こんにちは。ぶつえいどう店長の野呂です。 ネットで「位牌」と検索すると似たような ...

3
失敗しない!初めてのお位牌選び

そもそも位牌ってなんでしょう?自宅に仏壇がある方にとっては身近なものですね。しか ...

4
欄間で見るお仏壇

和室の装飾としてお馴染みの欄間。ただの飾りではなく通風や調光、換気を目的とした機 ...

5
心と体に効果抜群!自宅で出来る写経のはじめ方

「写経」というと仏教徒が行う儀式のような堅いイメージを持たれている方も多いかもし ...

 - お盆(おぼん)