床の間の起源は仏壇だった!④

仏間は仏壇のある部屋です

わが国の一般家庭で仏檀を設けて

仏像をまつり経文を置くようになったのは

天武天皇の十三年(六八五年)に勅名に

よって奨励されてからと伝えられます


仏間は、部屋数の多い家では床の間

の部屋に隣接して設けます

しかし一般住宅における仏檀は

和室に収納庫のような形の中に設けるか

部屋にじかに置く形で設けます

仏檀の方位は、西北に据えて東南に

向けるのが最上で

家業繁栄の『大吉相』であると言えるでしょう

次に、西に据えて東に向けるのが

家族和して発展の気を得て『吉』とされ

北に据えて南に向けるのも富貴弐なる

『吉相』と言われています

また、仏檀の上に二階廊下とか部屋を設けることは

踏みつける意味になって『凶』ですから気を付けましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA