春慶塗

春慶塗は、漆では最も透明度の高い「黄春慶」と木地溜塗りを明るくした感じの「紅春慶」があります。昔は透明な塗料がありませんでしたから、たいへんな発明だったのでしょう。春慶の名は、黄瀬戸の加藤春慶がつくる色に似ていたからなど、色々な説があります。
【素材の種類】
素材はヒノキ、ヒバ、サワラなど、ヒノキ科の木が用いられ、板物、曲げ物などがおもな製品でした。今日ではトチなどの挽き物にも応用され、幅ひろくなっています。

【素地調整】 
春慶塗りは上塗りまでの工程は少なく、素地が上手に仕上がっていないと、きれいな仕上がりは期待できません。塗り肌は日によって違います。その日の温度、湿度が微妙に漆に影響します。漆塗りは温度、湿度の加減といえるでしょう。

*********************************************
 ~良心価格でお届け&安心・まごころのお店~
 仏壇・仏具の専門店 佛英堂(ぶつえいどう)
  〒515-0083 三重県松阪市中町1993
 (松阪駅から徒歩3分・無料駐車場完備)
U R L http://www.e-butsudanya.co.jp
e-mail info@e-butsudanya.co.jp
TEL 0598-21-0959 FAX 0598-26-5522
*********************************************

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA