子どもに数珠を用意するのによい年齢は?

数珠はお通夜やお葬式で使用することが多く、お子さまも一緒に参列するとなった場合、子どもにも数珠を持たせるのか、いくつから持たせたらいいのか・・・と悩まれるお父様、お母様も多いのではないでしょうか。

あまり小さいうちは本人も数珠がどういったものかわからないと思いますが、物心がつく頃には用意されても良いのではと思います。

3歳ぐらいになりますと、大人の真似をしたくなったり、大人と同じことをしたいという気持ちも出てきますので、そういったときに用意されるのがおススメです。

小さいころから、祖父母や親と一緒に仏壇やお墓参りで手を合わせることは、先祖や家族を大切にする心を育てることに繋がります。

また、自分用の数珠を持つことは、大人の仲間入りをしたような気分になり、お子さまも喜ばれるのではと思います。

 

当店でもお子さま数珠をご用意しています。

通常の房の数珠もありますが、房の形がさくらんぼの形になっている数珠もかわいくて人気です。

色や素材に特に決まりはないので、お子さまが気に入る数珠を一緒に選ばれるのもいいですね。

 

数珠は貸し借りをするものではなく、本人専用の物を持つもので、魔除けや厄除けと言ったお守りの意味もあります。

必要となってから購入されるのもいいですが、何もないときに、お守りを購入する感覚で選んでみるのもいいかもしれません。