衣被香って?

      2018/04/22

『源氏物語』末摘花では、衣被香(えびこう)が出てきます。今でいう「匂い袋」です。末摘花は美しい女性ではなかったようですが、古びた織着物から奥ゆかしい香りがして源氏に「さすが」と思わせるくだりがあります。末摘花が自分の衣服に香りを移したのが衣被香でした。平安の時代はそこまで香りの次元が高かったということです。だるま倶楽部で4月26日に作った(覚えてますか?)匂い袋を金襴の袋に入れます。壁に掛けて、しゃれたインテリアのアクセントにもなり、とても楽しい〜♪紐の結び方を変えればビミョーに雰囲気も変わり、またまた楽しい〜♪

人気blogランキング

Facebook

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

 お問い合わせはこちら

おすすめ記事

上置仏壇 1
小さなお仏壇の飾り方。基本パターンから略式の飾り方まで。

近年、住宅環境の変化に伴い、棚の上に安置するタイプの「小さなお仏壇」を選択される ...

位牌 2
おすすめ位牌22選。伝統型からモダンタイプまで人気の位牌特集。

こんにちは。ぶつえいどう店長の野呂です。 ネットで「位牌」と検索すると似たような ...

3
失敗しない!初めてのお位牌選び

そもそも位牌ってなんでしょう?自宅に仏壇がある方にとっては身近なものですね。しか ...

4
欄間で見るお仏壇

和室の装飾としてお馴染みの欄間。ただの飾りではなく通風や調光、換気を目的とした機 ...

5
心と体に効果抜群!自宅で出来る写経のはじめ方

「写経」というと仏教徒が行う儀式のような堅いイメージを持たれている方も多いかもし ...

 - お香(おこう)