衣被香って?

『源氏物語』末摘花では、衣被香(えびこう)が出てきます。今でいう「匂い袋」です。末摘花は美しい女性ではなかったようですが、古びた織着物から奥ゆかしい香りがして源氏に「さすが」と思わせるくだりがあります。末摘花が自分の衣服に香りを移したのが衣被香でした。平安の時代はそこまで香りの次元が高かったということです。

だるま倶楽部で4月26日に作った(覚えてますか?)

匂い袋を金襴の袋に入れます。壁に掛けて、しゃれたインテリアのアクセントにもなり、とても楽しい〜♪紐の結び方を変えればビミョーに雰囲気も変わり、またまた楽しい〜♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA