お香 / 香りの文化

アロマテラピーや香道・・・

洋の東西を問わず

現代のくらしに定着している「香りの文化」は

わが国では一千年も前にその源が生まれたといわれています

継承・発展・創造・進化を繰り返し

日本は香文化を築きました

その魅力に迫ってみたいと思います


香木沈香は、沈香という木があるわけではありません

東南アジアのとある特定の地域の密林の奥地で

自然界の偶然によって奇跡的に形成された産物なのです

ジンチョウゲ科の木の樹液が

自然の諸条件の重なり合いによる作用で

樹脂化されていくことがあります

ながい年月を経た後、その倒木や立木の樹内に

樹脂が香木化された部分を発見する以外にありません

古来、沈香は貴重品です

沈香の最高のものを「伽羅」といいます

(これって沈香の”霜降り部分”とでも表現しましょうか)

現代科学がここまで進んでも

この本物の伽羅の香りは合成できないといいます

自然界の偉大な力に唯ただ感謝するばかりです

にほんブログ村 哲学ブログへ
哲学ブログへランキング登録中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA