お香 / 流れ着いた香木

 

香は遥か海を越えて

この国へたどり着いたといわれています

それは大海原を巡る

海流のなせる業と

豊かな感性を持つ

人間の想像力によって

偶然にももたらされたと言えるでしょう


「日本書紀」によると

推古三年夏(西暦595年)

淡路島に一本の香木が漂着したと記されています

これがわが国における香木の最も古い記録です

遠く南方の椰子の実も黒潮に運ばれ

この国まで流れ着きましたが

貴重な香木がやって来るなど

なんて不思議なことなんでしょうか

島人が流木のひとつと思い火にくべると

たとえようのない芳香が立ち上り

人々は驚嘆したといいます

島人たちはそれを香木「沈香」と知る由もなく畏れたことでしょう

香木は大和へと運ばれ帝に献上されました

日本史上初の女性天皇推古帝と摂政聖徳太子の時代です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA