自分だけの香り・・・

自分だけのオリジナルの香りって

源氏物語五十四帖の終わりに近い宇治十帖の主人公こと

薫中将(かおるちゅうじょう)みたいでいいんじゃない?

光源氏の子、薫は生まれながらにして

その身から芳香を放っていたそうだけど

なんていうのかな、いまでいうフェロモンかなぁ?

でも、そのライバル的存在の、

努力と創意工夫で芳香を身につけたという

源氏の孫の匂宮(におうのみや)のように

あなたも自分自身の香りをつくりだせるんですよ

そして、その方法は意外と簡単なんです!

混ぜ合わせる代表的な香料と調合のときに使うスプーン。

白檀、丁子と順に入れていきます。

香りをよく吟味してから加えます。

それぞれの香料を入れ終わったら混ぜ合わせます。

よく混ぜ合わせてから和紙の袋に入れます。

袋の口は外側に1回折ります。

次に屏風だたみに折ります。

口をモールや紐で止めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA