浄土真宗の仏壇のかざり方と仏具~浄土真宗本願寺派~

   

仏壇とは

仏壇というと亡くなった人をお祀りするものと思いがちですが、生きている私たちにとっても日々の生活のよりどころとなるものです。

そのため常に礼拝できる場所に置いて、家族揃って手を合わせられるのが望ましい形です。

仏壇を購入する際、浄土真宗は宗派によって内部の荘厳【(しょうごん)仏壇のかざりのこと】や仏具に違いがあるので、宗派名をはっきり伝えることが大切です。

かざりかた

浄土真宗の仏壇では、上段中央の宮殿(ぐうでん)に阿弥陀如来の木像か絵像、または「南無阿弥陀仏」の六字名号をかざります。

本尊の右側に親鸞聖人、左側に蓮如上人の御影を脇掛としてかけます。

浄土真宗は位牌を用いることはなく、個人の法名を書いた掛軸を仏壇の両側面に掛けたり、代々の法名を記載した過去帳を置きますが、それらは礼拝の対象ではないので、上段や中央には置かないようにしましょう。

通常は前卓に花瓶・香炉・ろうそく立の三具足を置きます。

年忌法要・お盆・正月は五具足と言われる、香炉・花瓶一対、ろうそく立一対を用意し、御文章箱、和讃箱があればなお良いでしょう。

花立に挿す花ですが、とげのあるものや香りの強いものは避けます。

仏壇のかざり方、使用する仏具も宗派によって異なり、法要によっても多少違いがあるので、住職に相談されると安心です。

ここでは、浄土真宗の最大宗派である本願寺派の仏壇・仏具について書かせていただきます。

本願寺派仏壇

本願寺派仏壇

 

本尊

ご家庭の仏壇では「南無阿弥陀仏」の六字名号か阿弥陀如来の立ち姿の絵像をおまつりすることが一般的です。

名号に宗派の違いはありませんが、絵像をおまつりされる際は、後光が8本の物をご用意ください。

木像は、後光と呼ばれる頭部から出ている光の線の下に舟後光と呼ばれる部分があるのが、浄土真宗本願寺派の本尊の特徴です。

本尊の右側には親鸞聖人、左側には蓮如上人の御影を掛けます。

六字名号

六字名号

 

阿弥陀如来絵像

阿弥陀如来絵像

 

本願寺派阿弥陀如来立像

阿弥陀如来立像

 

本願寺派脇掛

蓮如上人・親鸞聖人

 

仏具

三具足

最も基本の仏具で、線香をともす香炉・花を挿す花瓶・ろうそく立の3点をまとめて言います。

浄土真宗本願寺派では、銅に漆を塗った宣徳製の仏具を用います。

香炉

香炉

 

ろうそく立て

ろうそく立て

 

花瓶

花瓶

 

 

四具足

華瓶・御仏飯各一対、ろうそく立、火舎香炉(抹香を焚く香炉)のことで、仏壇の上段に上卓がある場合に用意し、華瓶には樒などの青木を挿します。

華瓶

華瓶

仏飯器

御仏飯

 

火舎香炉

火舎香炉

 

五具足  

三具足の花瓶・ろうそく立が各一対となったもので、年忌法要・お盆・正月のかざりです。

五具足

五具足

 

 

過去帳

亡くなった先祖の法名、俗名、死亡年月日、年齢などを記載したものです。

過去帳

過去帳

 

供笥   

供物を供える器のことで、年中行事や仏事など特別な場合に使用し、本尊の近くから、餅・菓子・果物の順で供えます。

供笥(本願寺)

供笥

和讃箱

親鸞聖人の『正信偈』『三帖和讃』を納めておく箱です。

お勤めのときには経卓と呼ばれる机の上に置きます。

和讃箱

和讃箱

御文章箱

蓮如上人の『御文章』を納める箱です。

御文箱・本願寺

御文箱

りん

お勤めの始まり、終わり、区切りに鳴らします。

りん

りん

さいごに

仏壇の掃除は常に行い、ほこりがたまっていたり、花が枯れているといったことがないようにしましょう。

また、仏具の金箔の部分は素手でふれたり、拭いたりしないよう気を付けないといけません。

自宅で掃除しづらい時には、仏壇屋さんに掃除をお願いするものおススメです。

 

Facebook

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

 お問い合わせはこちら

おすすめ記事

上置仏壇 1
小さなお仏壇の飾り方。基本パターンから略式の飾り方まで。

近年、住宅環境の変化に伴い、棚の上に安置するタイプの「小さなお仏壇」を選択される ...

位牌 2
おすすめ位牌22選。伝統型からモダンタイプまで人気の位牌特集。

こんにちは。ぶつえいどう店長の野呂です。 ネットで「位牌」と検索すると似たような ...

3
失敗しない!初めてのお位牌選び

そもそも位牌ってなんでしょう?自宅に仏壇がある方にとっては身近なものですね。しか ...

4
欄間で見るお仏壇

和室の装飾としてお馴染みの欄間。ただの飾りではなく通風や調光、換気を目的とした機 ...

5
心と体に効果抜群!自宅で出来る写経のはじめ方

「写経」というと仏教徒が行う儀式のような堅いイメージを持たれている方も多いかもし ...

 - 未分類