蒔絵(まきえ)

   

蒔絵は漆工芸加飾の一つで、漆で模様を描き、漆が乾かないうちに金粉や銀粉、錫粉などを蒔きつけて模様を描く手法のことを指します。

粉の種類から消粉蒔絵、平極蒔絵、本蒔絵(丸粉蒔絵)に分類され、工程では平蒔絵、研出蒔絵、高蒔絵に分類されます。

仏壇・仏具の加飾によく用いられる手法ですが、専門職人の手作業で行われる細かな作業のため高価な装飾であり、最近では代替品としてシルクスクリーン印刷や蒔絵シールなど、大量生産による低価格な疑似蒔絵も増えています。

蒔絵

蒔絵技法を使って加飾したモダン位牌

 

蒔絵装飾

蒔絵装飾はまさに職人技!

Facebook

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

 お問い合わせはこちら

 - 用語