松阪のお寺~日本最初の厄除け観音・岡寺山継松寺~

松阪には三大祭と呼ばれる有名な祭りがあり、最も華やかな祭りが、3月の最初の午の日の前後3日間行われる「初午大祭」です。

初午大祭の折、厄年を迎えた男女が厄除けのためにお参りするのが、ここで紹介させていただく岡寺山継松寺です。

松阪では「岡寺」または「岡寺さん」と呼ばれており、市民に親しまれているお寺です。

岡寺山継松寺とは

天平15年(743)、聖武天皇の勅願を受け、行基によって創建されました。

本尊は如意輪観世音菩薩で、高野山真言宗の寺院です。

聖武天皇42歳の厄年の際、行基のすすめにより、本尊の如意輪観世音菩薩を宮中に迎え入れ祈願をしたのち、再びお寺に安置したことにより、日本最初の厄除け観音の霊場となりました。

奈良時代に洪水によりお堂が流失しましたが、再建した継松法師にちなんで、継松寺という寺号となっています。

 

岡寺本堂全景

本堂

 

御朱印

本堂への参拝が終わった後、右手にある寺務所で御朱印をいただきました。

岡寺御朱印

御朱印

 

参道をを進んでいくと、香炉堂があります。

岡寺参道

参道

 

岡寺香炉堂

香炉堂

 

香炉堂には、その名の通り香炉と、線香とろうそくが置かれています。

香炉堂の中

香炉と線香

 

今日は朝早く、線香が立っていないのですが…

参拝される方が多い日は、線香もたくさん供えられていて、その煙を浴びている方も多くいます。

私も1本お供えしてきました。

線香

線香

 

お寺の門にはこちらの石碑があります。

開運観世音

厄除観世音

厄除観世音

 

お寺には無料の駐車場もあります。

駐車場看板

 

継松寺は松阪駅から徒歩5分の場所にあるので、観光客の方もお参りしやすいのではないでしょうか。

初午大祭では、十九の厄を迎えると振袖を着てお参りするのが恒例となっていて、とても華やいだ空気に包まれます。

2019年は3月9日(土)から11日(月)まで開催されますので、ぜひ一度ご覧になってはいかがでしょうか。