夏本番!祇園祭り  

松阪の三大祭りの一つ、祇園祭りの宵宮には、各神社による勇壮な神輿の練り込みがあり、無病息災を祈る。そもそも神事には「物狂い」の意味合いが多分に込められている。非日常の「乱舞」に人々は酔いしれ、いつしか危険をも省みず、狂乱の渦に身を投じるのだ。この暑い夜に、人々の熱い想いが一気になだれ込み、疫病神をさえも弾き飛ばしてしまう勢いだ。「千代に栄えや」の口語なまり化した「チョウサヤ・チョウサヤ」という一本調子のかけごえとともに、松阪のあつい夜は続いていくのだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA