宝恵駕籠

      2018/04/22


厄年の女性による「宝恵駕籠道中」が練り歩く。。。

三重県松阪市にある佛英堂リアル店の近所で、数あるお寺さまの中でも、特に有名なお寺が岡寺山継松寺、通称「岡寺さん」です。「岡寺観音」とも呼ばれ、地元の人に親しまれているお寺です。年に5回の例祭があり、県内はもちろん、東海、近畿の近県から約20万人もの参拝客が訪れる「初午大祭」で有名です。

3月の厄除け大祈願会が行われる祭りの日には、松阪駅からの道沿いにたくさんの露店が軒を連ね、市内全体が大賑わいします。今年は3月8日(月曜日)が宵宮、3月9日(火曜日)が本日、10日(水曜日)が後宮となります。この機会に一度お越しください。佛英堂のある職人町がメインの参道となります。

厄年と言うと一般的にはよくないことが起こりやすい年と
考えられがちですが、そういうものでもありません。
厄年の起源ははっきりとは分かりませんが、
一説には役職の役からきたとも考えられています。

昔は男性は42歳になるとその集落で重要な役職に当たるため、
お払いを受け身も心も清めてその職責を全うしました。
25歳では大人の仲間入りをし、61歳で老年組に変わります。
それぞれ節目の年として厄年の行事が
個人の自覚と社会的責任をうながす意味を持っていました。
女性の厄年も男性のそれに相応しています。     出典:岡寺山 継松寺

*********************************************
 ~良心価格でお届け&安心・まごころのお店~
 仏壇・仏具の専門店 佛英堂(ぶつえいどう)
  〒515-0083 三重県松阪市中町1993
 (松阪駅から徒歩3分・無料駐車場完備)
U R L http://www.e-butsudanya.co.jp
e-mail info@e-butsudanya.co.jp
TEL 0598-21-0959 FAX 0598-26-5522
*********************************************

Facebook

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

 お問い合わせはこちら

おすすめ記事

上置仏壇 1
小さなお仏壇の飾り方。基本パターンから略式の飾り方まで。

近年、住宅環境の変化に伴い、棚の上に安置するタイプの「小さなお仏壇」を選択される ...

位牌 2
おすすめ位牌22選。伝統型からモダンタイプまで人気の位牌特集。

こんにちは。ぶつえいどう店長の野呂です。 ネットで「位牌」と検索すると似たような ...

3
失敗しない!初めてのお位牌選び

そもそも位牌ってなんでしょう?自宅に仏壇がある方にとっては身近なものですね。しか ...

4
欄間で見るお仏壇

和室の装飾としてお馴染みの欄間。ただの飾りではなく通風や調光、換気を目的とした機 ...

5
心と体に効果抜群!自宅で出来る写経のはじめ方

「写経」というと仏教徒が行う儀式のような堅いイメージを持たれている方も多いかもし ...

 - 雅風