位牌に関するFAQ(よくあるご質問)

      2019/07/09

お位牌は亡くなられた方そのものです。心をこめておつくりしましょう。亡くなった人の戒名や命日を記しておまつりするのが位牌です。

お位牌の意味やサービスに関する質問と回答を紹介しています。

お位牌全般について

位牌はいつまでに用意しないといけませんか?

位牌には白木(野辺位牌)と本位牌(黒塗面粉仕様や唐木位牌)があります。

白木の位牌は葬儀のときに祭壇に安置し墓所に持ってゆくものです。これとは別に、四十九日の忌明け法要までに本位牌を用意しておきましょう、法要の日にお寺様が本位牌に魂を入れてくださいます。

四十九日までおまつりした白木の位牌はどうすればいいですか?

お寺におさめるのが一般的です。本位牌への精入れの時に引き取っていただきます。ただし、寺院によって対応が異なる場合がありますので、事前にご確認いただくとよいでしょう。

お位牌が増えてお仏壇に入らなくなりました。どうすればいいですか?

繰出位牌(くりだしいはい)をご用意されると良いでしょう。繰出位牌とは何枚かの位牌板が収められるようになっているもので、仏壇が小さい時や故人が多い時に用いられる位牌です。また、三十三回忌や五十回忌を終えた故人を先祖位牌におまとめするという方法もございます。位牌板が10枚ほど一緒に入るので、命日の順に重ねておきます。次に命日が来る位牌を一番前に出しておき、命日が過ぎたら後ろに回します。

お位牌の処分について

位牌は何十年もお祀りするものなので、処分をすることはそう頻繁にはないのですが、いろいろな事情で処分せざるを得ない時があります。

よくあるシチュエーション別にまとめてみました。

いくつかの位牌を回出位牌にまとめることになった

お位牌が増えるということはそれだけその家が先祖代々繁栄していること意味します。しかしお仏壇にもスペースの限りがありますので、あまり多くのお位牌をお祀りできるわけではありません。

その場合回出位牌といって、1つの位牌に札板が10枚程収納できる位牌をお使いいただくことがあります。その際に精抜き・魂抜きをしていただいた位牌は、もう魂の入っていないものになりますので通常は処分をします。大切に取っておきたいという方もいるかもしれませんが、その経緯をしらない子孫の方々を困惑させてしまう可能性がありますので、通常は魂を抜いた位牌は取っておきません。

30回忌・50回忌という節目に先祖位牌に入っていただくことになった

こちらも回出位牌の時と似ていますが、50回忌などの節目を迎えられた先祖の位牌は先祖位牌にまとめることが一般的です。

先祖位牌とは「○○家先祖代々之霊位」と書かれた位牌で、その家のこれまでの先祖をお祀りしている位牌です。言ってみれば先祖の殿堂入りみたいなイメージでしょうか。先祖の魂をまとめてお祀りさせていただく位牌です。

「先祖位牌だと故人の名前や戒名がわからなくなってしまうのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、それは別に「過去帳」というシステムがありますのでご心配いりません。

過去帳と位牌の違い

位牌の劣化が激しいため新しい位牌に取り替えることになった

位牌は50年もの永い期間お祀りするものです。大切に扱っていただければそれくらいの期間ずっとお祀りできるものですが、位牌の品質やその土地の気候によっては劣化してしまうこともあります。また、思わぬ事故で破損してしまうことも無いとは言えません。そのような時には、修理をしていただくか、もしくは新しい位牌に移していただくことになります。

処分の方法

多くの場合、位牌の魂を回出位牌や先祖位牌、新しい位牌に移していただく際に、お寺様に引き取って頂きます。その後はお寺様によって方法は異なりますが、お焚き上げなど適切な処分をしていただけるものと思います。もしくは仏壇屋に相談をいただくのもよいでしょう。

ぶつえいどうでは直接お焚き上げサービスなどは行っておりませんが、お付き合いのあるお寺様にお願いして処分していただいています。

最近では仏壇・仏具の処分を専門でやっている業者もあります。ただし、「引き取ってもらったあとに思っていた処分方法ではなかった」などの声もあるようなのでしっかりと確認してから依頼しましょう。

これまで大切にお祀りしてきた位牌ですので、最後の供養まで適切にとり行いたいものです。

お位牌の購入について

宗派や地域によって決まりはありますか?

地域によって多く用いられている位牌はございますが、お位牌の形に宗派や地域による決まりがあるわけではございません。故人を想い、故人らしいをお選び下さい。

ただし、浄土真宗では高田派以外は位牌を用いません、法名軸をお仏壇内部の脇板に掛けます。またお仏壇が小さいときは過去帖に書いて見台(過去帖台)にのせます。過去帖台や位牌はご本尊より低い場所の脇に置きます。

位牌のサイズについて決まりはありますか?

ご先祖様の位牌をすでにおまつりされている場合には、新しく作る位牌の札丈(札板のサイズ)はご先祖様の位牌と同じか少し小さくすることが原則であるとされています。これにはご先祖様への敬意という意味が込められています。ただし、大きな功績を残した故人の位牌は大きくするという風習もございます。

注意していただきたいのはご先祖様のお位牌よりも極端に小さな位牌を作ってしまうと、先々にそれよりも更に小さな位牌を作らなければいけなくなりますので、同等の大きさか0.5寸程小さなものにしておくのが良いでしょう。

また、今回お作りする位牌が初めての場合はサイズに制限はございません。お仏壇などお位牌を安置する場所の大きさに合わせてお選び下さい。

位牌の値段の根拠がわかりません。

同じようにみえる位牌でも”彫刻の細かさ”や”金の質”等によって大きく価格が異なってきます。価格に影響する主な要因を下記にまとめましたので、お位牌選びの参考にして下さい。

要因解説
木地位牌に使われる木材。種類や産地によって価格に影響する。
彫刻台座部分の彫刻の質が細かいほど高額になる。
塗料漆、ラッカー系、アクリル系など様々な塗料が用いられるが、その種類によって価格が異なる。
装飾に用いる金の純度や量によって価格も変動する。また金箔仕上か金粉仕上かによっても価格が異なる。
手間位牌製造にかかる手間が多いほど価格も上がる。特に呂色など塗装・研磨を複数回繰り返す工程を経たものは高額である。
産地国産か海外産かによって価格が変わる。もちろん国産品の方が高額である。

さらに詳しい情報はこちらのページをご覧ください。

はじめてのお位牌選び

申込方法を教えてください。

当店では店頭、インターネット、FAXでの注文を受け付けております。文字間違いを防ぐためお電話での受け付けは行っておりませんのでご了承ください。それぞれの申込方法は下記の通りです。

店頭でのお申込み

戒名、没年月日、没年齢をお確かめの上、ご来店下さい。担当スタッフが説明させていただき、その場でお申込みが完了します。

インターネットでのお申込み

下記のオンラインショプよりお申し込みいただけます。まずはお位牌をご注文いただき、その後お送りするオーダーフォームに沿って戒名など故人の情報をお知らせいただきます。

ぶつえいどう 公式オンラインショップ

楽天市場店

ヤフーショッピング店

詳しくはこちらのページをご覧ください。

お位牌のご注文のながれ(公式オンラインショップ)

FAXでのお申込み

文字入れについて

梵字には対応していますか?

はい、各種梵字への対応もさせていただきます。特殊な梵字を除き、無料で対応しています。

戒名が無いのですが、俗名でも対応できますか?

戒名がない場合もお位牌をお作りいただけます。俗名位牌といって、おもて面には山田太郎之霊位」のように表記し、うら面の俗名は省略して没年月日と没年齢のみを表記させていただきます。

 

 

 

 

Facebook

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

 お問い合わせはこちら

おすすめ記事

上置仏壇 1
小さなお仏壇の飾り方。基本パターンから略式の飾り方まで。

近年、住宅環境の変化に伴い、棚の上に安置するタイプの「小さなお仏壇」を選択される ...

位牌 2
おすすめ位牌22選。伝統型からモダンタイプまで人気の位牌特集。

こんにちは。ぶつえいどう店長の野呂です。 ネットで「位牌」と検索すると似たような ...

3
失敗しない!初めてのお位牌選び

そもそも位牌ってなんでしょう?自宅に仏壇がある方にとっては身近なものですね。しか ...

4
欄間で見るお仏壇

和室の装飾としてお馴染みの欄間。ただの飾りではなく通風や調光、換気を目的とした機 ...

5
心と体に効果抜群!自宅で出来る写経のはじめ方

「写経」というと仏教徒が行う儀式のような堅いイメージを持たれている方も多いかもし ...

 - Q&A, お位牌について