唐木仏壇のクリーニング&引越しを承りました!

   

この度、愛知県のお客様から唐木仏壇の引越しと、
それに伴ったクリーニングをご依頼頂きました!

Before

お客様のお話によるとご両親が30〜50年前に購入されたお仏壇だそうで、
大きな破損こそ無いものの、各所に経年劣化による傷みが見られました。

お仏壇本体

修復前のお仏壇。遠目には大きな破損は無いようですが・・・

 

近寄ってみると表面に傷や汚れが・・・

 

側面にはびっしりとカビが・・・

 

仏具(具足)

片方の花立ては底に穴が空いていました。

 

真鍮製仏具はどれも磨きが必要な状態。

 

表面の青白い斑点はサビです。

 

仏具(その他)

他の仏具もきれいにさせていただきます。

まずは修理・クリーニングできるものと、新調したほうがいいものとに分けてご提案させていただきました。

玉香炉。こちらは磨けばきれいになるので修理となりました。

 

おりんも同様に磨き修理です。

 

供笥。お供え物を置くための仏具ですが、プラスチック製のため新調とさせていただきました。

 

輪灯。こちらも磨き修理です。

 

瓔珞はプラスチック製でしたが、今回は木製のものにグレードアップいたしました。

 

脇侍掛軸は傷み具合が大きかったので新調いたしました。

 

クリーニング

唐木仏壇のクリーニングは、下記のような工程で進行します。

  1. 一度バラせるところまで分解する。
  2. 表面をヤスリがけして汚れや古い塗装、細かな傷を取る。
  3. 表面にコーティングを塗り直す。
  4. 組み立てて完成!

可能な限りパーツを外します。

 

扉は細かなパーツまで外します。

 

本体はここまで外しました。これ以上分解すると継ぎ目が出てしまうので、これ以上はバラせません。

 

表面の古い塗装と汚れをヤスリがけで落とします。

 

下台も細かくヤスリをかけます。

 

After

時間をかけて丁寧にクリーニングしていくことで、新品同様に生まれ変わりました!

お仏壇本体

表面は滑らかになり、光を美しく反射するほどに!

 

内部の細かい部分まで丁寧に仕上げました。

 

下台もピカピカです。

 

花立から漏れた水で傷んでいた膳引き。傷みの痕跡すら見当たりません!

 

仏具

仏具もこの通りピカピカのキンキラキンに!

 

納品

検品も終わりいよいよ納品です。

今回は松阪から愛知県への引越しだったのですが、一度は大雪のため断念。。。

日を改めて1月某日にお伺いいたしました。

道中、先日の雪がちらほら。遠くの山にはまだまだ残っているようです。

 

そして無事に納品完了です。

 

やはりきれいなお仏壇と仏具は美しい!

 

ライトは電球からLEDになりました。

 

お客様にもお喜びいただき、無事納品が完了いたしました。

この度は当店をお選びいただき誠にありがとうございました!

Facebook

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

 お問い合わせはこちら

 - 事例